NTT東西、複数拠点間の電話会議を容易に行なえる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東西、複数拠点間の電話会議を容易に行なえる製品を発売


掲載日:2005/12/27


News

 東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社は、両社のIP電話サービス「ひかり電話ビジネスタイプ」やIP-VPNサービス「フレッツ・グループアクセス(NTT東日本)/フレッツ・グループ(NTT西日本)」を利用し、複数拠点間の電話会議を容易に行なえるIP電話会議装置「MB-1000」を、発売した。価格は、14万8000円となっている。

 「MB-1000」は、アナログ回線に加え、「ひかり電話ビジネスタイプ」や「フレッツ・グループアクセス/フレッツ・グループ」といったIPネットワークを利用するIP電話会議装置。NTTサイバースペース研究所が技術開発した、発言者の方向と声の大きさを識別しそれぞれの声の大きさを適正な音量に自動調整する“方向別自動音量調整技術”と、音声信号をIP通信用のデジタルデータに変換する“多地点用広帯域音声コーデック技術”が採用されている。

 「ひかり電話ビジネスタイプ」を利用する場合、同一契約者グループ間の通話料が無料となり、3.4kHzの音声帯域を利用した電話会議を行なうことができる。「フレッツ・グループアクセス/フレッツ・グループ」を利用する場合は、グループメンバ間の通話料が無料となり、7kHz帯域の音声コーデックによる電話会議を行なうことができる。また、多地点接続機能を搭載し、電話会議サービスなどを別途契約せずに、会議主催者1拠点と会議参加者4拠点(IPネットワーク接続最大3拠点/アナログ回線接続最大1拠点)の最大5拠点間での電話会議が可能となっている。


出荷日・発売日 2005年12月26日 発売
価格 148,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? 【ソーラーウインズ・ジャパン】
文書管理 ワークフロー 検疫 検疫 統合運用管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013031


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 電話会議 > 電話会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ