エントラストジャパン、メールセキュリティ製品の新版などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エントラストジャパン、メールセキュリティ製品の新版などを発売


掲載日:2005/12/21


News

 エントラストジャパン株式会社は、メールによる社外への機密情報漏えいを防ぐメール暗号化製品の新版「Entrust Entelligence Messaging Server 8.0」(EMS 8.0)を、12月26日より提供する。価格は、840万円となっている。

 「EMS 8.0」は、S/MIMEやPGPといった標準のメール暗号化方式に対応したハードウエアアプライアンス。Webメール対応やサーバー側での暗号化処理により、エンドユーザーへの負荷を抑えて容易に展開でき、暗号用公開鍵証明書の管理もサーバー側で行なうため、誤送信やウイルス感染による機密情報の漏えいも、ポリシーに基づくメール暗号化で防ぐことが可能となる。

 Microsoft ExchangeやLotus Dominoなどさまざまなメール環境に対応しているほか、ロードシェアリングやフェイルオーバーに対応するために複数の「EMS 8.0」をクラスタ化することが可能となっている。統合化されたWeb管理インターフェースが提供され、メールセキュリティ業務を複数担当者で分担できるほか、「EMS 8.0」に組み込まれたCA(認証機関)により、新たなCA構築が不要で、社内のユーザーに成り代って証明書をシームレスに発行することができる。また、EntrustのCAに加え、MicrosoftのCAとも連携が可能となっている。

 また、Webブラウザにより暗号化メールを取り出し、開封/返信することができるアドオン製品「Entelligence WebMail Center 7.5」と、「EMS 8.0」と連携し送受信されるさまざまな種類のメールフォーマットや添付ファイルを、ポリシーに従い分析/フィルタリングをかけるコンテンツ分析ツール「Entelligence Compliance Server 7.4」も同時に発売される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012993


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ