マウンテンビューデータ、Linuxサーバー管理特化のソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マウンテンビューデータ、Linuxサーバー管理特化のソフトを発売


掲載日:2005/12/21


News

 マウンテンビューデータ株式会社は、同社のサーバー管理ソフトウエア「PowerCockpit」のモジュールをベースに、Linuxサーバーの管理に特化したソフトウエア「PowerCockpit Remote Control 2.1」(PwC Remote Control)を、発売した。

 「PwC Remote Control」は、「PowerCockpit」のアーキテクチャを基に、一括管理の機能を集約させたソフトウエア。管理対象となる複数台のサーバーに対し一括的にLinuxのコマンドを実行する“グローバルコマンド機能”や、管理対象となるサーバーでのRPMパッケージの問い合わせ/インストール/追加/削除が可能な“RPMコマンド機能”、マルチキャストを用いて複数台のサーバーに対し指定したファイルを一斉に転送する機能などを備えている。

 また、管理対象となるノード情報を取得する“プロパティレポート機能”や、必要な機能をperlスクリプトに記述することでアクションを自動化する“Perlスクリプト作成環境”を備えている。これらにより、ユーザーが自動管理のためのスクリプトを作成することも可能で、サーバーのCPU負荷が高くなった場合やディスクの空き容量が減った場合、プログラムを起動する、シャットダウンする、ログを残す、メールを管理者に送るなどのアクションを自動的に起こすことができる。なお価格は、管理サーバーを含み、24ノードまでが9800円、48ノードまでが1万4800円、48ノード以上が3万9800円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2005年12月20日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012992


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ