SPSS、「Clementine」用テキストマイニングソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SPSS、「Clementine」用テキストマイニングソフトの新版を出荷


掲載日:2005/12/16


News

 エス・ピー・エス・エス株式会社は、データマイニングツール「Clementine」の環境でテキストマイニングを行なうプラグインソフトの新バージョン「Text Mining for Clementine 2.2J」(TMC2.2J)を、出荷した。価格は、「Clementine9.0」を含む最小構成価格で900万円からとなっている。

 「TMC」は、「Clementine」上で数値データとテキストデータの“混合マイニング”を行なう環境を提供するための製品。テキストデータで得られた知見を属性データで検証することや、テキストデータと属性データを合わせて予測モデルを構築することなど、さまざまな分析のアプローチが可能となっている。また、「Clementine」で作成したモデルは、他のアプリケーションや業務プロセスへ展開することができる。

 今回出荷された「TMC2.2J」では、係り受け解析ソフトウエア「南瓜」の新バージョンが組み込まれ、係り受け解析処理が高速化されたほか、文境界を推定するソフトウエアにより、学習モデルに基づいた文境界を自動的に推定する機能が追加されている。クリーニングの時間を短縮するストップワード機能が強化され、テキストデータ内に散りばめられている意見や評価などのさまざまな表現を抽出する機能が搭載された。ユーザーは、“否定的”、“肯定的”、“依頼”、“禁止”、“許可”、“義務”、“推量”といった表現事例が登録されている設定ファイルをもとに、EXCELを用いて追加/修正し、カスタマイズを行なう。

 テキストマイニング実行に使用する辞書関連ファイルの選択では、ファイルを指定する専用のダイアログボックスが追加されている。また、日本語を解析するための自然言語処理エンジンに加え、欧米語(英語、英語-フランス語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、オランダ語、Mesh(医学件名標目表))を解析できる環境も提供される。


出荷日・発売日 2005年12月15日 出荷
価格 「Clementine9.0」を含む最小構成価格:9,000,000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012946


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ