グレープシティ、Javaチャートコンポーネントを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グレープシティ、Javaチャートコンポーネントを発売


掲載日:2005/12/16


News

 グレープシティ株式会社は、デザインからコーディング、テスト、配備まで、チャート出力アプリケーションの開発プロセス全体を支援するJavaチャートコンポーネント「WebCharts3D 5.0J」日本語版を、2006年2月中旬より発売する。価格は、1開発ライセンスが19万8000円などとなっている。

 「WebCharts3D」は、WebアプリケーションやリッチクライアントなどJavaのさまざまな実行環境に対応したチャートコンポーネント。20種類以上のチャート形式をサポートし、3D描画による形状表現やグラデーションによる色彩表現、アニメーション/ポップアップラベルといったアクション表現によるチャート出力が可能となっている。専用のデザイナには、プレビュー用の簡易Webサーバー、アプリケーション配備などの機能が備わっている。WYSIWYGスタイルのデザイナを備えており、ギャラリーと呼ばれる87種類のテンプレートから選択することでチャートをデザインできるほか、細部の設定は、軸やタイトル、凡例のスタイルなど、自由にカスタマイズすることができる。

 デザインしたチャートのJavaコードはデザイナが自動で生成するため、開発者によるコーディングは不要となっている。生成されるコードはアプリケーションの実装形態にあわせてJSF/JSP/Swing/SWTなど7種類から選択することができる。また、Eclipseプラグインを備えデザイナをIDEに統合できるほか、JSFコンポーネントとしてSun Java Studio Creator/Oracle JDeveloper 10gでビジュアルな開発を行なうこともできる。サーバー上で生成したチャートイメージは、PNGやJPEG、SWFなど7種類のファイル形式で出力することができる。マウスカーソルの動きにあわせたポップアップラベルの表示や、チャートを徐々に大きくする、または徐々に表示するといったアニメーション表示も可能となっている。


出荷日・発売日 2006年2月中旬 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012942


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ