日立、新しいXeonプロセッサを搭載したサーバーモジュールを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、新しいXeonプロセッサを搭載したサーバーモジュールを出荷


掲載日:2005/12/14


News

 株式会社日立製作所は、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」で、新しいXeonプロセッサを搭載したサーバーモジュールをラインアップに追加し、12月28日より出荷する。

 今回追加されたのは、XeonプロセッサMP(3.16GHz)を搭載した4wayサーバーモジュールと、Xeonプロセッサ(3.80GHz)を搭載した2wayサーバーモジュール。4wayサーバモジュールでは、“EM64T”に対応したXeonプロセッサMP(2次キャッシュ1MB)を最大4個搭載することができる。2wayサーバモジュールでは、“EM64T”対応のXeonプロセッサ(2次キャッシュ2MB)を最大2個搭載することができる。動作周波数3GHz/3.40GHzの現行モデルでも2次キャッシュ容量が2MBに増強された。

 また、機器を個別導入する場合に比べ約20%安価なセット価格を設定した「SANスタートアップセット」も、12月28日より出荷される。同セットは、動作周波数3GHz/3.80GHzの2Wayサーバーモジュールを対象として、サーバーシャーシにサーバーモジュール4台、ファイバチャネルスイッチ、ファイバチャネルアダプタを内蔵した構成で、事前に検証済みとなっている。1台のサーバーモジュールにファイバーチャネルのアダプタ/スイッチをそれぞれ2重化した「ファイバチャネル接続パス2重構成」セットも用意されており、1つのファイバチャネルアダプタやファイバチャネルスイッチに障害が発生しても、システムを停止せずに業務を継続することができる。


出荷日・発売日 2005年12月28日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012915


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ