大塚商会、「NetVault」使用のLinuxバックアップ運用支援を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


大塚商会、「NetVault」使用のLinuxバックアップ運用支援を提供


掲載日:2005/12/13


News

 株式会社大塚商会は、同社の保守サービス「トータルαサポート21」のLinux関連サポートメニューとして、バックボーン・ソフトウエア株式会社のバックアップソフトウエア「NetVault」を使用した「Linuxバックアップ運用支援」の提供を、開始した。価格は、年額6万円からとなっている。

 「トータルαサポート21」では、さまざまなソリューションのコンサルティングから、各種情報機器の導入、その後のメンテナンスまで、一貫したサポートサービスを提供する。今回提供される「Linuxバックアップ運用支援」では、「NetVault Basic」/「NetVaultワークグループ・パッケージ」/「NetVaultワークグループライト・パッケージ」の技術サポートとして、Web/電話/オンサイトでのサポートや製品バージョンアップの提供を行なう。また、従来は「NetVault」でオプション機能を追加する毎に発生していたサポート費用も年額固定料金で提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 60,000円〜/年

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 【Veeam Software japan】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 現状に合わせた最適化が必須!“バックアップ見直し”のススメ 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 クラウドへ移行した途端、バックアップを止めてしまうのはなぜ? 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 最大12TBまで使い放題!リストア楽々、簡単バックアップ

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012902


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ