事例:日本HP、東芝のセミコンダクター社のERPシステムを再構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:日本HP、東芝のセミコンダクター社のERPシステムを再構築


掲載日:2005/12/13


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、株式会社東芝の社内カンパニーであるセミコンダクター社のグローバルサプライチェーンの基幹システムを、HPのハイエンドサーバーで再構築したと、発表した。

 同システムは、セミコンダクター社の海外を含む営業拠点/工場/物流拠点や顧客企業を一貫してつなぐ「Global-One」と呼ばれるERPシステム。今回、処理性能や信頼性の向上に加え、提供サービスの向上や運用管理の効率化を目指し、システムの再構築を行なった。再構築にあたって日本HPは、ハイエンドサーバー「HP Superdome」を中心とするハードウエア提供と既存のシステムからの移行技術支援、保守サポートを東芝ソリューション株式会社とともに担当し、東芝インフォメーションシステムズ株式会社がシステムの再構築を担当した。システムは8月より稼働している。

 「HP Superdome」は、最大128 CPUまで搭載できる拡張性を備えたハイエンドサーバー。今回のシステムに採用することで、オンラインの処理で約2倍、バッチ処理で60%の処理性能向上を実現した。また、日本HPは、今回のシステム再構築にあたり、既存の「Oracle E-Business Suite」の移行計画策定からプロジェクト管理、東芝インフォメーションシステムズの移行作業の支援を行なった。800GBのOracleデータベースによって構築されたデータを分析し、事前に移行可能なデータをHP-UXで構築された新システムに予め移行しておき、移行後に発生した差分データをメンテナンス停止時間で移行する方法を取ることで、16時間でのデータ移行を実現した。

 そのほか、東芝ソリューションと協調体制を取り、専任の技術者の配置に加え、24時間365日顧客からの障害のコールを受け付け、“ミッションクリティカルサポートセンタ”から遠隔でシステム状況を監視し、ハードウエア障害の6時間修理完了などを実施する「クリティカルサービス」を提供している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「システムインテグレーション」関連の製品

俊敏で効率的なIT基盤 コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 IT開発会社を選ぶなら、無料相談の「発注ナビ」 【発注ナビ(アイティメディアグループ)】
システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション
アプリケーション開発や展開の高速化にITインフラは追いつけるか 新旧システム並走でも管理が楽に コンポーザブル・インフラの使いどころ アイデアエコノミー時代注目ITインフラを「10の理由」で解説 わずか1分でリソース構成――「コンポーザブル・インフラ」は何がすごいのか システム開発…見積りだけで開発会社を選んで、うまくいく?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012896


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ