日本IBM、ファイルサーバー特化型のIAサーバーを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ファイルサーバー特化型のIAサーバーを出荷


掲載日:2005/12/08


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、ストレージサーバー専用OSの「Microsoft Windows Storage Server 2003 Standard Edition」をプリロードしたファイルサーバー特化型のIAサーバー「IBM eServer xSeries 226 Storage Server」(x226 Storage Server)を、12月14日より出荷する。

 「x226 Storage Server」は、Xeonプロセッサを搭載したIAサーバー。SATA(シリアルATA)モデルではOS用/データ用合わせて1TBのハードディスクが導入されており、SCSIモデルではホットスワップ対応ハードディスクが装備されている。“PFA”(事前障害検知機能)や障害箇所をLEDで示す診断LED、OSのハングアップを検知して自動的にリスタートする“ASR”(Auto Server Restart)などを搭載している。さらに、外付けディスク装置もサポートしているほか、テープ装置を接続してバックアップ機能を強化することもできる。納品から3ヵ月の間何度でも、導入/立ち上げ時の技術支援を無償で行なうサービス「スタートアップ90」も適用される。


出荷日・発売日 2005年12月14日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイルサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイルサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイルサーバ」関連の製品

スケーラブルなサーバーファームを実現 NeXtScale Sytem nx350 【レノボ・ジャパン株式会社】
ファイルサーバ
宇宙誕生の謎に挑む「Belle II実験」、桁違いの負荷を支えるサーバの正体

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012851


IT・IT製品TOP > サーバー > ファイルサーバ > ファイルサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ