エプソン販売、プリンタの印刷セキュリティ支援製品などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン販売、プリンタの印刷セキュリティ支援製品などを発売


掲載日:2005/12/07


News

 エプソン販売株式会社は、「オフィリオ」プリンタ/複合機との連携により入出力環境を支援する「オフィリオシナジーウェア」のうち、印刷セキュリティのための「オフィリオシナジーウェア[セキュリティ]」対応認証印刷用ソフトウエアとネットワークインターフェースカードを、2006年1月中旬より順次発売する。

 「オフィリオシナジーウェア[セキュリティ]」は、印刷物の出力を管理し情報漏えいの防止をサポートする製品。個人認証印刷システムとして、認証印刷用ソフトウエア「EpsonNet ID Print」が実装されたネットワークインターフェースカード「PRIFNW7S」と「FeliCa」対応非接触型ICカードリーダー/ライターをプリンタに接続する“プリンタベース”と、「EpsonNet ID Print Center」をインストールすることでWindowsコンピュータをプリントサーバーとして利用できる“PCベース”が用意されている。また、オプションのハードディスクを追加することで、認証デバイスを用いずに、プリンタ本体のパネル上でのパスワード入力により認証印刷が可能となる“パスワード印刷”も可能となっている。

 また、「オフィリオ」プリンタ/複合機に、ニーズにあった機能を追加するための開発支援ツール「オフィリオシナジーウェア[開発ツール]」が、2006年春以降より提供される。「PRIFNW7S」とUSB付きネットワークインターフェースカード「PRIFNW7U」に、プリンタの機能を拡張するJavaベースのカスタマイズプラットフォーム「EpsonNet Service Platform」が実装されており、プリンタへの機能追加や、企業内システム連携のためのアプリケーション開発、USB機器接続のためのデバイスドライバ開発がJavaで可能となっている。

 そのほか、コピーユニット「CS-9000」対応の「オフィリオ」複合機が、企業内システムと連携する機能を追加できるプラグイン機能に対応した。ファイル機能/メール機能などを実現するソフトウエア「EpsonNet ScanComposer」にプラグインを追加することで、「オフィリオ」複合機で紙文書をスキャンする際、画像処理/ファイル生成/ファイル名作成/システム連携の機能を追加することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012828


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ