インターコム、Windows用メモリー最適化ユーティリティを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インターコム、Windows用メモリー最適化ユーティリティを発売


掲載日:2005/12/02


News

 株式会社インターコムは、PCの物理メモリーのクリーニングや断片化の整理を行なうメモリー最適化ユーティリティ「Memory Tweaker」を、12月5日より発売する。ダウンロード販売のみで、価格は2400円となっている。

 「Memory Tweaker」は、物理メモリーの断片化やメモリー上に残った不要なデータ(メモリリーク)を整理することでPCの動作環境を安定させる、Windows向けのメモリー最適化ユーティリティソフトウエア。タスクトレイに常駐して物理メモリーの状態を監視し、定期的に最適化を行なうことで一定の空きメモリーを確保/維持する。ユーザーが設定した空きメモリー確保の目標値に沿って定期的に最適化を行なう“クリーンアップ”と、PCの起動直後のように可能な限り空きメモリーを確保する“最大化”の2種類の最適化モードを搭載している。

 タスクトレイに常駐している間は、同製品のGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)で使用しているグラフィックイメージを破棄することで、常駐時のメモリー消費量を抑える設計となっている。また、メモリーの空き領域についての推移をグラフ/数値で表示できるほか、CPUの使用率やモデル名/周波数などの情報を表示することもできる。


出荷日・発売日 2005年12月5日 発売
価格 2,400円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012779


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ