NEC、RFIDを活用して接客サービスを支援する製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、RFIDを活用して接客サービスを支援する製品を出荷


掲載日:2005/12/02


News

 日本電気株式会社は、店舗などの接客現場でRFID(ICタグ)を活用し、顧客1人1人の来店/購買履歴や嗜好/個性に応じた接客サービスを支援する「接客支援ソリューション」を、出荷した。

 「接客支援ソリューション」では、顧客が来店した際に、事前に店舗が発行しているRFID付きの携帯ストラップや会員カードを顧客がリーダー端末にかざすことで、その顧客情報(来店/購買履歴や嗜好など)が店員に迅速に通知され、店員がその情報をもとに顧客1人1人に適した接客サービスを提供することが可能となる。従来のPOSなどの販売/取引履歴のデータでは把握できなかった購買前の顧客の行動を収集/分析することで、店舗経営やプロモーションの質の向上も可能となる。

 企業のニーズに応じて、試験的導入/1店舗導入/複数店舗導入の3種のソリューションパックが用意されている。なお、顧客情報は店舗内のサーバーで管理し、顧客が保有する携帯ストラップや会員カードには固有のID番号のみを使用することで、紛失/盗難時の顧客情報漏洩対策に備えている。


出荷日・発売日 2005年11月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

クラウドデータ管理の5つの鉄則――損失の大きい失敗を回避するための基本戦略 【Commvault Systems Japan】 海外でのコンプライアンスも左右する、機密性の高い特権ID保護とは 【CA Technologies】 高まるID/アクセス管理の重要性、ハイブリッドクラウド環境に適したIAMとは? 【F5ネットワークスジャパン】 あらゆる操作が可能な特権IDを外部/内部の脅威から守るには 【CA Technologies】 AWS環境に対応した「特権ID管理」、アコーディア・ゴルフはどう実現した? 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
クラウドデータ管理の5つの鉄則――損失の大きい失敗を回避するための基本戦略 海外でのコンプライアンスも左右する、機密性の高い特権ID保護とは 高まるID/アクセス管理の重要性、ハイブリッドクラウド環境に適したIAMとは? 全ての操作が可能な特権ID。攻撃者に悪用される事態を防ぐため、適切な制御とモニタリングが不可欠だ。それも仮想化基盤やクラウドを含めた形でなくてはならない。 AWS環境に対応した「特権ID管理」、アコーディア・ゴルフはどう実現した?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012777


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ