米Mozilla、オープンソースのWebブラウザ「Firefox 1.5」を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


米Mozilla、オープンソースのWebブラウザ「Firefox 1.5」を発表


掲載日:2005/12/02


News

 米Mozilla Corporationは、オープンソースWebブラウザの新版「Firefox 1.5」を、リリースした。Windows版/Mac OS X版/Linux版とも、日本語版をMozilla JapanのWebサイトから無償でダウンロードすることができる。

 「Firefox 1.5」では、パフォーマンスやユーザビリティの向上、セキュリティやプライバシーの強化などが行なわれている。開いているページを効率的にまとめられるタブブラウズの“ドラッグ&ドロップ”機能や、統合された検索バーへのリファレンス検索エンジン「Answers.com」の追加、ポップアップブロック機能などが強化された。

 セキュリティパッチや新バージョンが利用可能になった際に通知してアップデートを促す自動アップデートシステムや、プライバシーの管理を簡素化する個人情報消去ツールを備えているほか、レンダリング/レイアウトエンジンのパフォーマンスが向上している。なお、「Firefox 1.5」でMozillaは、米国/欧州でGoogleとの検索パートナーを継続しながら、中国/日本/韓国/台湾でYahoo!との検索パートナー関係を締結している。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012773


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ