事例:SSJ、資産管理システム基盤としてセガにSuperStreamを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:SSJ、資産管理システム基盤としてセガにSuperStreamを導入


掲載日:2005/11/30


News

 エス・エス・ジェイ株式会社(SSJ)は、株式会社セガが、資産管理システム再構築の一環としてSSJの統合業務パッケージ「SuperStream」を導入し、4月より稼動していると、発表した。

 セガでは、組織やグループ再編の中でも資産管理の状況を迅速に把握し、全社的な資産管理施策の立案を容易にする、資産管理の基盤となる新システムの導入を検討していた。既存システムやワークフローとのスムーズな連携と、減損会計対応機能を重視した結果、2004年6月に「SuperStream」を基盤とした資産管理システムの導入を決定した。導入に際しては、株式会社CSKシステムズが導入コンサルティングを、ワークフローとの連携システムを提案した株式会社CSIソリューションズがシステム構築を担当した。

 今回の新システムにより、既存の商品管理システム/会計システム/支払管理システムと、PCなどのライセンスやインベントリ管理などを行なうIT資産管理システムを相互に連携させ、「SuperStream-CORE」でマスターデータを管理し、固定資産/リース資産の資産台帳とIT資産台帳の一元参照が可能となった。資産の稼動状況を台帳から検索照会し、そこから容易にCSV形式でデータの一括取り込みができるため、柔軟な操作が可能となっている。ワークフローシステムと連携させ、物件の取得や移動、再リースの申請などを各社員が社内LAN経由で直接入力し、経理の承認後、「SuperStream-FA+」へ入力データが引き渡され、そこから各既存システムへ自動的にデータの振り分けが行なわれる。なお、固定資産/リース資産/準固定資産の管理に加え、IT資産管理システムでライセンス管理などのデータも一元管理している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

PalletControl 7.2 【JALインフォテック】 PC&モバイルセキュリティ維持・管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 FlexNet Manager Suite for Enterprises 【フレクセラ・ソフトウェア】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
脆弱性/マイナンバー対策に効く資産管理ツール。端末環境を自動識別し前提条件等から配布対象を自動判定。人手による台帳作成の手間や作成時間を削減し、ミスを排除する。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 資産活用の最大化、コストの最小化、ライセンスコンプライアンスの遵守を実現できる企業向けソフトウェアライセンス管理・最適化ソリューション。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012750


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ