富士通、複数のコミュニケーションツールを統合した製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、複数のコミュニケーションツールを統合した製品を出荷


掲載日:2005/11/30


News

 富士通株式会社は、株式会社富士通研究所と富士通関西中部ネットテック株式会社との共同開発による統合コラボレーションソフトウエア「CollabetDS」を、出荷した。

 「CollabetDS」は、IP電話やテレビ会議に加え、ファイル共有やアプリケーション共有など、PCを使ったさまざまなコミュニケーション機能を統合した製品。電話感覚で相手の顔を見ながら随時必要な情報を共有した上で、最大4人の会議や打ち合わせを行なうことができる。サーバーレスで動作するため、システム構築などの作業は不要で、PCにソフトウエアをインストールし、名前などの設定を行なうことですぐに使用することができる。ドラッグ&ドロップにより、特定のファイルやフォルダのみの共有が可能な“ファイル共有機能”や、アプリケーションの画面イメージのみを共有する“アプリケーション共有機能”を備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012749


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ