日本HP、仮想化技術を活用したIT統合への取り組み強化を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、仮想化技術を活用したIT統合への取り組み強化を発表


掲載日:2005/11/30


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、Itanium搭載の「HP Integrityサーバ」を活用したIT統合の取り組みを強化し、仮想化製品ラインアップの拡充と、IT統合支援サービスやHP-UXへの移行支援サービスの強化を行なうと、発表した。

 今回の強化では、「HP Integrityサーバ」上で稼動する仮想化製品群「HP Virtual Server Environment」(VSE)の製品ラインアップを拡充し、ソフトウエアパーティショニング機能の柔軟性を向上した「HP Integrity Virtual Machines」(HPVM)や、仮想化環境の管理ソフトウエア「HP Integrity Essentials Capacity Advisor」と「HP Integrity Essentials Virtualization Manager」、「HP Integrity Essentials Global Workload Manager」を追加し、12月より順次出荷する。「HPVM」は、1CPUのリソース内を複数のOS環境に分割できるサブCPUパーティショニング技術と、共有I/Oを実現する製品。1CPUあたり最大20の仮想OS環境が作成でき、全ての「HP Integrityサーバ」に対応することができる。

 「HP Integrity Essentials Capacity Advisor」は、仮想化されたシステムの負荷状況全般を把握でき、システム環境の変更を事前にシミュレーションできる製品。「HP Integrity Essentials Virtualization Manager」は、「VSE」のシステム全体の構成イメージを可視的に把握できる管理ツール。「HP Integrity Essentials Global Workload Manager」は、数百台規模のサーバーで構成される仮想環境で、システム状況に応じたリソースの再配分をリアルタイムに自動的に実施する。これらの製品は、マルチプラットフォーム管理を行なう「HP Systems Insight Manager」と統合されている。

 また、IT統合の支援サービス「ITコンソリデーション基本構想策定サービス」に、今回発表された仮想化技術を取り込むことで内容が強化される。同サービスでは、現状のIT環境とコスト構造を把握し、今回発表の「VSE」を含め統合IT環境とコスト構造を考え、ユーザーと共同で移行計画/基本方針/施策の策定を行なう。Solarisなど他社OS上で構築済みのITシステムを「HP Integrityサーバ」へ移行する際のサポートサービス「HP-UXプログラム開発・ポーティング支援Expressサービス」も提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「システムインテグレーション」関連の製品

俊敏で効率的なIT基盤 コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 IT開発会社を選ぶなら、無料相談の「発注ナビ」 【発注ナビ(アイティメディアグループ)】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション
リソースの使用率を最大限まで高める インフラを柔軟に構成する仕組み システム開発…見積りだけで開発会社を選んで、うまくいく? なぜわざわざ「次世代インフラ」に移行するのか? 知っておくべき10個の理由 DevOpsの障壁となるレガシーインフラ コンポーザブルが現場を劇的に変える 新概念“コンポーザブル・インフラストラクチャ”でIT部門はどう変化する?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012748


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ