日本IBM、ソフトウエア構成管理ツールの新版を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ソフトウエア構成管理ツールの新版を発表


掲載日:2005/11/25


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、ソフトウエア構成管理のための「IBM Rational ClearCase Client for Visual Studio.NET」と「IBM Rational ClearQuest Client for Visual Studio .NET」を、発表した。両製品とも、英語版はIBMのWebサイトからダウンロードでき、日本語版は2006年1月の出荷が予定されている。

 両製品は、既存製品「IBM Rational ClearCase」/「IBM Rational ClearQuest」の持つ、バージョン管理機能や、物理的に離れた拠点での同時並行のソフトウエア開発を可能にする機能、問題管理機能などのソフトウエア構成管理機能を、アプリケーション開発環境から利用可能とするプラグインソフトウエア。両製品とも「Microsoft Visual Studio 2005」に対応している。価格は、「Rational ClearCase」(Floating User)が58万9900円、「Rational ClearQuest」(Authorized User)が23万1700円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本IBM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012690


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ