PSTC、“e-文書法”対応のドキュメント管理システムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSTC、“e-文書法”対応のドキュメント管理システムの新版を発売


掲載日:2005/11/24


News

 パナソニックソリューションテクノロジー株式会社(PSTC)は、ドキュメント管理システムのパッケージソフト「GlobalDoc」の新バージョン「GlobalDoc5」を、開発した。2006年1月下旬より発売される。価格は、250万円から(税込)となっている。

 「GlobalDoc5」は、10万人超の企業の書類蓄積/管理が可能なドキュメント管理システム。改ざん防止やタイムスタンプ、ドキュメントスキャナ連携などの機能で“e-文書法”対応のシステム構築が可能となっている。ビジネス複合機/スキャナとの連携を強化し、紙資料の電子ドキュメント化も容易なほか、ライブラリの提供(API公開)により、同製品の機能を活用したさまざまなアプリケーションの開発も可能となっている。また、オプションのOCRエンジン/サーチエンジンで、優れた文書検索性能を実現することができる。


出荷日・発売日 2006年1月下旬 発売
価格 2,500,000円〜(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 MasterControl Documents 【マスターコントロール】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 電子帳簿保存法の要件緩和が企業に与える影響は ポイント解説 【ハイパーギア】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。 適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。 紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 電子帳簿保存法の要件緩和は企業をどう変えるのか──重要ポイントを解説

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012683


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ