バックボーン、「NetVault」を「VMware」仮想化環境に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バックボーン、「NetVault」を「VMware」仮想化環境に対応


掲載日:2005/11/24


News

 バックボーン・ソフトウエア株式会社は、同社のLinux用バックアップ/リストアソフトウエア「NetVault」が、ヴイエムウェア社の「VMware ESX Server」による仮想化環境のバックアップをサポートしたと、発表した。

 「VMware ESX Server」は、x86ベースのサーバー上に仮想化レイヤーを作成するソフトウエア。仮想化レイヤー上に、LinuxやWindowsなど複数のOS(ゲストOS)をインストールし、同時に実行することができる。今回、「VMware ESX Server v2.5.1/2.5.2」で構築された仮想化環境のバックアップに「NetVault 7.1.1/7.1.2」が対応した。価格は、15万円からとなっている。

 Windows 2000/2003/XP、Linux Red Hat/Linux SUSE/FreeBSDのゲストOSのフルバックアップと増分/差分バックアップに対応しているほか、“APM”オプションの使用で、ゲストOS上で稼働するExchange 2000/2003、SQL Server 2000、Oracle 9i/10gのオンラインバックアップに対応することができる。また、Service Console上に「NetVault Client 7.1.1/7.1.2 for Linux」(IA32)をインストールすることで、「VMware ESX Server」自身をバックアップでき、これによりゲストOSのディザスタリカバリが容易となる。


出荷日・発売日 発売済
価格 150,000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

データ保護に関するアンケート 【ネットワールド/arcserve Japan】 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】 「バックアップはどれも同じ」ではない、ビジネスを加速するツール選びとは 【Veeam Software Japan】 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 【日本アイ・ビー・エム】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
【Google Homeが当たる】データ保護についてのアンケート NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? ベンダーによる長年の機能改善もあり「バックアップツールは今やどの製品も大差ない」と考える向きもあるだろう。そんな中で、企業規模を問わず注目を集める製品がある。 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012680


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ