バックボーン、「NetVault」を「VMware」仮想化環境に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バックボーン、「NetVault」を「VMware」仮想化環境に対応


掲載日:2005/11/24


News

 バックボーン・ソフトウエア株式会社は、同社のLinux用バックアップ/リストアソフトウエア「NetVault」が、ヴイエムウェア社の「VMware ESX Server」による仮想化環境のバックアップをサポートしたと、発表した。

 「VMware ESX Server」は、x86ベースのサーバー上に仮想化レイヤーを作成するソフトウエア。仮想化レイヤー上に、LinuxやWindowsなど複数のOS(ゲストOS)をインストールし、同時に実行することができる。今回、「VMware ESX Server v2.5.1/2.5.2」で構築された仮想化環境のバックアップに「NetVault 7.1.1/7.1.2」が対応した。価格は、15万円からとなっている。

 Windows 2000/2003/XP、Linux Red Hat/Linux SUSE/FreeBSDのゲストOSのフルバックアップと増分/差分バックアップに対応しているほか、“APM”オプションの使用で、ゲストOS上で稼働するExchange 2000/2003、SQL Server 2000、Oracle 9i/10gのオンラインバックアップに対応することができる。また、Service Console上に「NetVault Client 7.1.1/7.1.2 for Linux」(IA32)をインストールすることで、「VMware ESX Server」自身をバックアップでき、これによりゲストOSのディザスタリカバリが容易となる。


出荷日・発売日 発売済
価格 150,000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012680


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ