事例:サンとAMDなど、東工大にスーパーコンピュータを構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:サンとAMDなど、東工大にスーパーコンピュータを構築


掲載日:2005/11/22


News

 米サン・マイクロシステムズと米AMDは、東京工業大学がサンの技術を利用してスーパーコンピュータの構築を進めていると、発表した。

 同システムには、合計処理能力50テラフロップス以上の、AMD Opteronプロセッサコア1万480個を搭載した「Sun Fire x64」(x86対応64ビット)サーバーのクラスタと、サンとNECのストレージ装置、NECのシステム統合ノウハウ、ClearSpeed社のSIMDアクセラレーションボードが用いられる。サンの「N1 System Manager」と「N1 Grid Engine」を利用し、Solaris 10とLinuxの2種類のOSをサポートしている。

 また、システムインテグレーターを務めるNECは、インフラ設計を主導するとともに、システム上で稼働する各種アプリケーションの統合を行なう。今回のクラスタシステムは、メモリーは21テラバイト以上、ハードディスクストレージは1.1ペタバイトとなっている。システムが本稼働に入る2006年春までにはClearSpeedアクセラレータボードを600枚強に増やし、処理性能を100テラフロップス以上に高める予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012659


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ