富士通、出力スプール空き領域管理数4000個のIAサーバーを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、出力スプール空き領域管理数4000個のIAサーバーを出荷


掲載日:2005/11/22


News

 富士通株式会社は、IAサーバー「PRIMERGY 6000」シリーズの、ハードウエアとOS(ASP)の機能強化を行なった50モデル(全4機種25タイプ)を、11月30日より順次出荷する。

 今回出荷される製品群は、最新OS「ASP V22」により出力スプールの空き領域管理数を4000個に拡大したIAサーバー。ASP版「Systemwalker ListWORKS」連携オプションによるWindows版「Interstage List Works V7.0」以降との連携により、電子帳票の振り分けや複数サーバーに分散している帳票の集約/一元管理が可能となる。レプリケーションサービスによる、ASP上の「Symfoware6000」とPCサーバー上のデータベース(SQL Server/Oracle/PowerRW+)との連携機能も強化している。

 「PRIMERGY 6350」を除く機種では、ファイバーチャネルを経由してディスクアレイ装置「ETERNUS 3000モデル80/100」をPCサーバー「PRIMERGY」と共用することができる。ハイエンドモデル「PRIMERGY 6950」は、CPUにXeonプロセッサ3.2/3.6GHzを採用しているほか、搭載ディスクのSCSIインターフェースを2重化し、信頼性を向上させている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PCサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「PCサーバ」関連の製品

サーバセキュリティの緊急課題、システムブート時を狙う攻撃をどう防ぐ? 【日本ヒューレット・パッカード】 次世代x86サーバが切り開くサーバセキュリティの新標準とは? 【日本ヒューレット・パッカード】 “ハードウェアレベル”の防御をかなえる、新たなサーバセキュリティとは 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 サーバパフォーマンスの最適チューニングでデジタル革新につなげるための方法 【オリックス・レンテック】 無停止型サーバ「ftServer」ファミリ 【日本ストラタステクノロジー】
PCサーバ PCサーバ PCサーバ PCサーバ PCサーバ
サーバセキュリティの緊急課題、システムブート時を狙う攻撃をどう防ぐ? 次世代x86サーバが切り開くサーバセキュリティの新標準とは? “ハードウェアレベル”の防御をかなえる、新たなサーバセキュリティとは サーバパフォーマンスの最適チューニングでデジタル革新につなげるための方法 「インテルXeonプロセッサ E5-2600v3シリーズ」を搭載した無停止型サーバ。仮想化システム/クラウド/DBサーバなど、ミッションクリティカルなシステムに高い可用性を提供。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012658


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ