新技術:NEC、大規模なクラスタ型サーバーの高速復旧技術を開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


新技術:NEC、大規模なクラスタ型サーバーの高速復旧技術を開発


掲載日:2005/11/21


News

 日本電気株式会社は、1000台規模のクラスタ構成型サーバーの障害を高速/低コストで回復し、大規模情報システムの停止時間を短縮する“高速リカバリ技術”を、開発した。

 同技術は、障害が発生したプログラムを高速に復元するプロセスリカバリ方式と、大規模なクラスタを構成するコンピュータの障害を短時間で発見するクラスタ監視方式の開発により、1000台規模で信頼性に優れたサーバーを低コストで可能とするもので、障害の発見/復旧をそれぞれ数秒以内に行なうことができる。サービスを実行中のプログラム(プロセス)の複製を別のコンピュータで保持し障害発生時には複製されたプロセスを使ってサービスを復旧させる“プロセスリプリケーション”を改良し、メモリーの使用量を削減した。プロセスの複製データ中で最近アクセスされていない部分をストレージに保持することで、複製を保持するためのメモリー使用量を3分の1から10分の1に削減しながら、数秒程度の復旧時間を実現している。

 また、クラスタ構成型サーバーの障害発見のためにクラスタの状態を専用のサーバーで常時監視するモニタリング技術では、監視用サーバーに送るモニタリングデータのサイズを通常時と高負荷時で変えることで、監視用サーバーの負荷を削減し、1台のサーバーによる1000台規模のクラスタ構成型サーバーの監視と、数秒以内の障害発見が可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012657


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ