インテル、HPCクラスタ向けのソフトウエア開発ツール5種類を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インテル、HPCクラスタ向けのソフトウエア開発ツール5種類を発表


掲載日:2005/11/21


News

 インテル株式会社は、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)クラスタ向け分散型アプリケーションの開発を容易にする5つのソフトウエア開発ツールを、発表した。

 「インテルトレース・アナライザ/コレクタ バージョン6.0」は、クラスタ内の通信障害を迅速に検知するため、MPI(メッセージパッシングインターフェース)トラフィックを特定し、表示する。今回のバージョンでは、データ表示が改良されているほか、クラスタの大型化に対応する拡張性を備えている。「インテルマス・カーネル・ライブラリ」は、エンジニアリングや科学技術計算、金融サービス向けアプリケーション用のライブラリ。最適化されたスレッドセーフな一連の解析機能で構成され、“ScaLAPACK”と分散メモリーの高速フーリエ変換が含まれている。また、線形代数(BLAS、LAPACK、Sparse Solvers)や高速フーリエ変換、ベクトル演算、乱数ジェネレータが含まれている。

 「インテルMPIライブラリ バージョン2.0」は、コードを変更すること無く、アプリケーションを複数のネットワークアーキテクチャ上で動作させることができる。「インテルインテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ バージョン5.0」は、暗号化機能やストリング処理機能、マルチメディア機能などを含む包括的なスレッドセーフ機能を提供し、マルチコア/HPCプラットフォームアプリケーションの開発を支援する。「インテルVTuneパフォーマンス・アナライザ バージョン8.0 Linux版」は、マルチコア/HPCプラットフォームのために、プロファイリング技術を通じて障害の検知を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

信頼性の高い基幹系システム向け開発フレームワークで高速開発 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】 画像処理ソフトウェア SDK ImageGear(イメージギア) 【ラネクシー】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
基幹系システム向け開発をクラウド化 実績で裏打ちされる信頼性が移行を進める ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション) 世界最高水準の画像処理ソフトウェア開発キット。世界で5000万本以上の利用実績を持ち、2000以上の画像処理メソッド・プロパティを提供する。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012650


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ