インテル、HPCクラスタ向けのソフトウエア開発ツール5種類を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インテル、HPCクラスタ向けのソフトウエア開発ツール5種類を発表


掲載日:2005/11/21


News

 インテル株式会社は、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)クラスタ向け分散型アプリケーションの開発を容易にする5つのソフトウエア開発ツールを、発表した。

 「インテルトレース・アナライザ/コレクタ バージョン6.0」は、クラスタ内の通信障害を迅速に検知するため、MPI(メッセージパッシングインターフェース)トラフィックを特定し、表示する。今回のバージョンでは、データ表示が改良されているほか、クラスタの大型化に対応する拡張性を備えている。「インテルマス・カーネル・ライブラリ」は、エンジニアリングや科学技術計算、金融サービス向けアプリケーション用のライブラリ。最適化されたスレッドセーフな一連の解析機能で構成され、“ScaLAPACK”と分散メモリーの高速フーリエ変換が含まれている。また、線形代数(BLAS、LAPACK、Sparse Solvers)や高速フーリエ変換、ベクトル演算、乱数ジェネレータが含まれている。

 「インテルMPIライブラリ バージョン2.0」は、コードを変更すること無く、アプリケーションを複数のネットワークアーキテクチャ上で動作させることができる。「インテルインテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ バージョン5.0」は、暗号化機能やストリング処理機能、マルチメディア機能などを含む包括的なスレッドセーフ機能を提供し、マルチコア/HPCプラットフォームアプリケーションの開発を支援する。「インテルVTuneパフォーマンス・アナライザ バージョン8.0 Linux版」は、マルチコア/HPCプラットフォームのために、プロファイリング技術を通じて障害の検知を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 定額制システム開発 システム39(システムサンキュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】 FileMaker プラットフォーム 【ソフトバンク コマース&サービス】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 UnitBase 【ジャストシステム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 サイボウズのkintoneを使って、企業の求める業務システムを「39万円」(税別)の定額で開発するサービス。 PCやモバイルに対応した業務アプリケーションを、プログラミング不要で作成することができるツール。企業の業務効率化に大きく貢献する。 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 脱Excelの選択肢、専用パッケージと汎用DBツールのどちらがベスト?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012650


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ