ブルーコート、スパイウエアの監視/防御を行なう専用装置を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ブルーコート、スパイウエアの監視/防御を行なう専用装置を発表


掲載日:2005/11/16


News

 ブルーコートシステムズ株式会社は、スパイウエア被害に対処するための専用機器「Spyware Interceptor」を、発表した。価格は、オープン価格で、日本語対応は2006年春の予定となっている。

 「Spyware Interceptor」は、従業員数1000名までの中小規模のネットワークでスパイウエアの監視/防御を行なう専用装置。外部のインターネットとの接点となるゲートウエイ上に設置する機器であるため、社内ネットワークへのスパイウエアの侵入を未然に防ぐことができる。既存のネットワーク機器に接続することで導入でき、防御レベルを調整するためのポリシー設定を、画面上の指示に従って容易に行なうことができる。

 中核となるスパイウエア防御対策エンジン“SCOPE”(Spyware Catching Object Protection Engine)は、既知のスパイウエアに加え、未知のスパイウエアの検知も自動的に行ない、そのログを記録する。新たに発見されたスパイウエアのプロファイルや、追加されたポリシーモジュールなどは、自動的にアップデートされる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

Webシステム ファイル持ち出し防止 「ファイルプロテクト for IIS」 【ハイパーギア】 接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
Windows Server OSでIISを利用したWebシステムに連携。ファイルはそのままでユーザがファイルを参照するタイミングに持ち出し禁止や印刷禁止のPDFをオンデマンド生成する。 デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012601


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ