KCCSと竹中工務店、無線通信品質最適化サービスを共同開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KCCSと竹中工務店、無線通信品質最適化サービスを共同開発


掲載日:2005/11/14


News

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、株式会社竹中工務店と共同で、電波の混信や干渉を抑えた無線LAN環境を実現する、オフィスビル向けの無線環境の最適化サービスを、開発した。

 同サービスは、KCCSの無線通信品質診断システムによる測定技術や、電波の最適化設計技術、シミュレーション技術と、竹中工務店の各種電磁シールド材料とその利用技術、電波環境の設計技術を軸に、共同で開発された。同サービスを用いて、竹中工務店は新築/改修を含めたオフィスビルにおける高品質な電波環境を提供する。KCCSは無線LAN通信品質や携帯電話通話品質の評価、無線環境の総合的な最適化コンサルテーションを提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

事例から見えてくる、クラウド型無線LAN環境の導入によるメリットとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 ネット・電話・Wi-Fi「オフィス三種の神器」調達の秘技 【シスコシステムズ】 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 【日立システムズ+他】 「セキュリティ重視のワークスタイル変革」成功企業の取組みとは 【日立システムズ+他】 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
事例から見えてくる、クラウド型無線LAN環境の導入によるメリットとは? 「ネット回線、電話、Wi-Fi」はあって当たり前なのに、契約や設置工事、メンテナンスには一定の人員と工数が必要。どうすれば楽に安定した環境を手に入れられるのか。 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは?

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012564


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ