サン、Javaアプリケーション統合開発環境の新版などを無償で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サン、Javaアプリケーション統合開発環境の新版などを無償で提供


掲載日:2005/11/10


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社は、Javaアプリケーションプログラム統合開発環境の新版「Sun Java Studio Enterprise 8」の無償提供を、開始した。

 「Sun Java Studio Enterprise 8」は、J2EEアプリケーションなどJavaアプリケーションの開発を行なうための統合開発ツール。SolarisやWindowsで利用可能で、Java 2 Platform,Enterprise Edition 1.4に対応している。オープンソースのJava開発環境「NetBeans 4.1」をベースに開発され、「NetBeans Mobility」モジュールのインストールなど、「NetBeans 4.1」の装備する先端的なJavaアプリケーションを作成できる機能を備えている。また、対応するアプリケーションサーバーソフトウエアに「BEA WebLogic Server 9.0」、「JBoss Application Server 4.0」、「IBM WebSphere6.0」が追加されている。

 複数の開発者の共同作業を円滑に行なうため、1つのコードの同時編集/参照や、インスタントメッセージなどのコラボレーション機能、UMLモデリング機能、負荷ジェネレータを内蔵したプロファイラ機能など、アプリケーション開発でのライフサイクル全体に渡って開発者を支援するための機能を備えている。サンのミドルウエア製品群「Sun Java Enterprise System」や「Sun Java System Suites」に含まれるアプリケーションサーバーなどサーバーソフトウエアの開発ライセンスも含まれている。

 また、「Sun Java Studio Creator」も、無償で提供が開始される。同製品は、サーバー側で動作するアプリケーションのGUI部分の開発生産性を向上させるJava技術の標準規格JSF(JavaServer Faces)を実装した開発ツール。サンが運営する開発者向け情報ネットワーク“Sun Developer Network”にユーザー登録することで、「Sun Java Studio Enterprise 8」や「Sun Java Studio Creator」、各種サンプルアプリケーションなどを無償で利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012536


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ