事例:京都銀行が日立の指静脈認証技術をATMに導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:京都銀行が日立の指静脈認証技術をATMに導入


掲載日:2005/11/09


News

 株式会社日立製作所は、同社の指静脈認証技術が株式会社京都銀行の「指静脈による生体認証システム」に採用され、11月21日より順次稼働すると、発表した。

 京都銀行は従来、ATMへの覗き見防止フィルムの装着やキャッシュカードによる支払い限度額の随意変更機能の追加など金融犯罪による被害の防止策を行なっており、今回、さらなる防止策として、指静脈認証機能付きICキャッシュカードを導入する。指静脈認証技術は日立が開発した生体認証技術で、体内にある指の静脈パターンを認証するもの。指に光を透過させ静脈画像を撮影する透過光方式を採用しており、形状が複雑な静脈まで取得可能で、高い認証精度を備えている。

 指静脈認証技術の精度の高さや使いやすさ、認証速度が評価され、今回の採用に至った。日立は、指静脈認証のアプリケーションを搭載したICチップ内蔵キャッシュカードの発行をワンストップで提供する「ICキャッシュカード提供ソリューション」を提供しており、京都銀行へもICキャッシュカードの発行/発行管理や指静脈認証対応システムの設計/構築などをトータルにサポートしている。京都銀行では、11月21日に本店営業部など3店に指静脈認証ATMを設置し、2006年3月までに全店に指静脈認証ATMを導入することを計画している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 AXIOLE 【ネットスプリング】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
なぜ創業290年の老舗銀行は「顧客接点のデジタル化」に踏み切ったのか 企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 もし知らないなら危険 情報漏えい対策「データセキュリティ4カ条」 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012512


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ