事例:鈴鹿市、行政情報ネットワークにマイクロソフト製品を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:鈴鹿市、行政情報ネットワークにマイクロソフト製品を導入


掲載日:2005/11/07


News

 マイクロソフト株式会社は、鈴鹿市が「Active Directory」を中心に行政情報ネットワークの基盤を整備し、全庁型アプリケーションの構築と個別アプリケーションのシングルサインオン連携を実現したと、発表した。

 鈴鹿市では、2002年から策定した鈴鹿市行政情報化基本計画に基づき、行政情報ネットワークの整備を進めていた。2000年から2002年にかけて全職員のPC 1300台を導入、OSはWindows 2000 Professionalで統一し、合計1600 IDを「Active Directory」で管理するという庁内情報化のための基盤整備を行なった。「Active Directory」で認証されたユーザーであれば、庁内のどのPCからでも、Webブラウザを利用して統合ポータルやファイルサーバーにアクセスすることができる。各課で使用される個別アプリケーションについても、可能なものは「Active Directory」での認証を利用したシングルサインオン連携を行なっている。
<BR>
 ファイルサーバー上のドキュメントやアプリケーションのデータベースをまとめてバックアップする“統合バックアップシステム”では、大容量のディスクドライブを備えたバックアップサーバーを用意し、Disk-to-Diskのバックアップを行なうシステムを導入した。セキュリティ対策として「Microsoft Software Update Services」も導入されている。また、3月に策定された新たな鈴鹿市行政情報化基本計画では、情報に利用ポリシーを設定し、閲覧/編集/印刷などの権利を付与することで不正利用を防ぐサーバーソフト「Microsoft Windows Rights Management Services」の今後の導入についても触れている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 【クエスト・ソフトウェア】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 【日本アイ・ビー・エム】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012485


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ