事例:京丹後市、「Microsoft Exchange Server 2003」などを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:京丹後市、「Microsoft Exchange Server 2003」などを導入


掲載日:2005/11/07


News

 マイクロソフト株式会社は、京丹後市が、京都府町村会情報センターを通じて府内町村によって共同で開発した総合行政情報システム“TRY-X”を合併前に各町が導入し、合併のシステム統合を成功させたと、発表した。

 京丹後市は、2004年4月に峰山町/大宮町/網野町/丹後町/弥栄町/久美浜町の6町が合併して誕生した。京都府では、町村主導の情報化の推進、町村の人材/知識の共有/活用、情報処理技術の集積と活用を図ることを目的に“京都府町村会情報センター”(4月より“京都府自治体情報化推進協議会”と改称)を設立し、府内の町村が共同利用できるシステム“TRY-X”の開発に取り組んできた。京丹後市として合併した旧6町は、同センターの活動に積極的に参加し、早い町では1999年、遅いところでも2002年には“TRY-X”の導入を完了していた。合併に際し、システムは合併対応バージョンとして再開発された“New TRY-X”にリニューアルされている。

 分散した庁舎間での情報共有ツールとしてMicrosoft Exchange Server 2003を導入している。Active Directoryと連携し、ICカードと指紋のセットでユーザー認証を行なう“指紋認証システム”も導入しているほか、Windows Server 2003のターミナルサービスを利用し、管理コストの低減を実現している。また、Windows Server 2003上で動く“法人住民税システム”も追加され、2005年4月から稼働を開始した。

 今後、京都府と市町村は連携を深め、IT化の経費削減を目指して共同化をさらに進めていく。基幹業務系、バックオフィス系からフロントオフィス系まで全てのシステムを対象として、共同アウトソーシングやデータセンターでの運営を検討しているほか、職員間の情報共有やコラボレーションのため「Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003」の導入も検討している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 重要性が増すbot攻撃対策、高度に進化するbot攻撃を防ぐ方法とは? 【シーディーネットワークス・ジャパン】 既存のリモートアクセスモデルではデジタル時代に対応しきれない3つの理由 【アカマイ・テクノロジーズ】 DNSのセキュリティで確認すべき「5つの重要項目」 【アカマイ・テクノロジーズ】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 重要性が増すbot攻撃対策、高度に進化するbot攻撃を防ぐ方法とは? 既存のリモートアクセスモデルではデジタル時代に対応しきれない3つの理由 DNSのセキュリティで確認すべき「5つの重要項目」 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012482


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ