バッファロー、RAID5対応LAN接続ハードディスクなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バッファロー、RAID5対応LAN接続ハードディスクなどを出荷


掲載日:2005/11/04


News

 株式会社バッファローは、RAID5対応LAN接続ハードディスク“TeraStation”の新モデルとして、「TS-TGL/R5」シリーズ3機種を、12月中旬より出荷する。価格は、0.6TBの「TS-0.6TGL/R5」が8万5000円、1.0TBの「TS-1.0TGL/R5」が10万6300円、1.6TBの「TS-1.6TGL/R5」が15万7500円となっている。

 「TS-TGL/R5」シリーズは、熱源となるドライブ本体/電源/基板が影響し合わないレイアウトを採用したLAN接続ハードディスク。ドライブ/電源に吸気口を設置し、ドライブ毎の前面独立スロットにより十分なエアフローを確保している。センサーが常に温度を監視して冷却ファンをコントロールし、異常高温時には自動シャットダウン機能が作動する。ドライブは専用の検査で厳選し、RAID5構築/稼働試験を実施している。

 不良セクタの自動探知/修復を行なう“RAIDメンテナンス機能”や、ハードディスク異常/劣化によるドライブの交換時期を警告音で知らせる“HDD故障警告機能”を搭載している。24時間連続運転に耐えられる専用電源や、輸送時や使用時の緩み/抜けを防止するロック機構付き信号ケーブル/コネクタを採用している。フロントから容易にドライブ交換できるフロントオープンベイ機構も採用している。稼働状況を確認できる液晶ディスプレイや、セキュリティスロット/盗難防止ワイヤーホールを装備している。

 また同社は、USBプリントサーバー機能/ハードディスク追加増設機能を搭載したLAN接続ハードディスク“LinkStation”「HD-HLAN」シリーズに、400GBの「HD-H400LAN」を追加し、11月中旬より出荷する。eSATA/USB 2.0両対応の外付けハードディスク「HD-HBSU2」シリーズにも、300GBの「HD-HB300SU2」と400GB「HD-HB400SU2」を追加し、11月中旬より出荷する。価格は、「HD-H400LAN」が4万7700円、「HD-HB300SU2」が2万6400円、「HD-HB400SU2」が4万4500円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012473


IT・IT製品TOP > ストレージ > 外付けHDD > 外付けHDDのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ