事例:日本IBMが住友スリーエムの営業担当者のモバイル化を促進

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:日本IBMが住友スリーエムの営業担当者のモバイル化を促進


掲載日:2005/11/02


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、住友スリーエム株式会社で、携帯電話を活用した営業担当者の機動性を高める仕組みを構築し、導入を開始したと、発表した。

 従来、住友スリーエムの営業担当者は、外出時に携帯電話とノートPCの両方を持ち歩いており、必要に応じて外出先から社内のサーバーにアクセスし、メールやスケジュールなどの情報を入手していた。情報入手にあたっては、その都度ノートPCを起動し、ネットワークへ接続するといった操作が必要となっていた。今回、IBMのモバイルソリューション「WebSphere Everyplace Access」を活用し、携帯電話からメールやカレンダーなどの情報にアクセスできる仕組みを構築した。

 これにより、ノートPC起動などの操作が不要となり、時や場所を問わず必要な情報にアクセスでき、顧客などとのコミュニケーションが円滑になる。ノートPCを利用せずにメールにアクセスできることから、メールの確認だけを目的としたノートPCの携帯は不要となる。これにより、営業担当者の移動が容易になると共に、ノートPCを利用したデータ通信が減少することで通信費用を約30%削減できると見込まれている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012457


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ