オージス総研、UMLのEA実践環境を提供するモデリングツール発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オージス総研、UMLのEA実践環境を提供するモデリングツール発売


掲載日:2005/11/02


News

 株式会社オージス総研は、UMLによるEA(エンタープライズアーキテクチャ)実践環境を提供するモデリングツール「Elapiz」ファミリーを、11月より発売する。

 「Elapiz」ファミリーは、システム開発でのUMLモデリングに加えビジネスモデリングを支援し、UMLによるEAの実現を可能にするモデリングツール。SOAなどのニーズに応えるための“ビジネスエディション”(開発中)と、従来製品「Konesa」をベースとした“スタンダードエディション”から構成される。“ビジネスエディション”と“スタンダードエディション”は、モデル交換機能によって、作成したビジネスモデリングのモデルを共有することが可能となっている。また、“スタンダードエディション”では、これまで「Konesa」で作成したモデルを利用することができる。

 “ビジネスエディション”は、ビジネスモデリングに必要なUMLモデル(UML 2.0にも一部対応)の作成に特化した製品。BPMN(Business Process Modeling Notation)のサポートも予定されている。“スタンダードエディション”では、UML 1.4準拠のモデル作成やEclipseとの連携が可能な「Elapiz Basic」や、「Elapiz Basic」の機能に加えチーム開発やコード生成/リバースが可能な「Elapiz Pro」などが用意されている。「Elapiz Pro」との接続でチーム開発環境を提供する「Elapiz Server」も2006年1月のリリースが予定されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発環境/BaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発環境/BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「開発環境/BaaS」関連の製品

三菱電機がIoTで作る「つながる向上」──AI活用による予知保全も視野に 【日本アイ・ビー・エム】 Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
三菱電機がIoTで作る「つながる工場」──AI活用による予知保全も視野に クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012453


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ