日立システム、「JP1」シリーズの製品サポートサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立システム、「JP1」シリーズの製品サポートサービスを提供


掲載日:2005/11/01


News

 株式会社日立システムアンドサービスは、ITシステムの運用を統合的に管理するツール「JP1」シリーズのための、専門家による製品サポート「日立システムJP1サポートサービス」の提供を、開始した。

 「JP1」シリーズは、情報システム全体を一元管理する統合管理や、ジョブ管理、ストレージ管理などのカテゴリから成る、ITシステム運用管理ツール。今回提供される「日立システムJP1サポートサービス」では、日立システムが導入設計/環境構築で得た経験などを元に、「JP1」製品に関する問い合わせ対応や、問題発生時の解決支援、改良版や技術情報の提供などが行なわれる。また、各種「JP1」製品と関連ハードウエアを備えた「JP1ソリューション評価センタ」が開設され、「JP1サポートサービス」での問題解決の支援で、問題に実機検証で対応することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

調査で見えたアベイラビリティの重要課題――企業はどのように変わるべきか? 【Veeam Software Japan】 オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 ハイブリッドITで独自の強みを強化、SBIリクイディティ・マーケットのIT戦略 【日本ヒューレット・パッカード】 “攻め”のデータ保護、リソースの無駄を見つけて仮想環境の真価を引き出すには 【Veeam Software japan】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
IT部門は「可用性」をどのように意識し、どう対応するべきか 急な需要にも対応 オンプレミス環境をパブリッククラウドのように利用 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 ハイブリッドITで独自の強みを強化、SBIリクイディティ・マーケットのIT戦略 仮想化によるサーバ集約率が高い環境で、バックアップ処理の負荷が性能を損ねてしまうのはもったいない。トラブルを未然に防ぐ「攻めのデータ保護」はできないだろうか。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012435


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ