ユニアデックス、ITIL対応機能を拡張したIT資産管理ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニアデックス、ITIL対応機能を拡張したIT資産管理ソフトを発売


掲載日:2005/11/01


News

 ユニアデックス株式会社は、“ITIL”の管理プロセスに則した機能を拡張したIT資産管理ソフトウエア「ADMi-21 バージョン5.1」を、発売した。価格は、250万円となっている。

 “ITIL”は、OGC(英国政府商業室)が作成したITサービス管理のための体系づけられたフレームワーク。運用管理を効率化するベストプラクティスが網羅されている。従来の「ADMi-21 Ver5.0」は、ITIL対応機能として“構成管理機能”と“インシデント管理機能”、“問題管理機能”を搭載していた。今回の新バージョンでは、システムの変更を行なう場合、全ての変更内容やそのリスクを評価し、変更の承認を行なう“変更管理機能”と、承認された変更に沿ってハードウエアやソフトウエアの実装を計画し、監督する“リリース管理機能”をオプションとして追加することができる。

 また、国内の有力ツールとの連携を実現した「Asset連携Kit」と「Incident連携Kit」も、発売された。「Asset連携Kit」では、ネットワークにつながれている各種インベントリーを自動収集する3社(クオリティ株式会社/株式会社日立製作所/マイクロソフト株式会社)の監視ツールとの連携を新たに提供する。ヌリテレコム株式会社のツールとの連携は既に提供されている。「Incident連携Kit」では、ネットワーク機器やサーバーの稼働状況を監視する3社(ヌリテレコム/日本ヒューレット・パッカード株式会社/日立製作所)の監視ツールとの連携を強化している。


出荷日・発売日 2005年10月31日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

“保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 【カーバチュア・ジャパン】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
“保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012419


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ