ビットアイル、帯域10%保証のインターネット接続サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ビットアイル、帯域10%保証のインターネット接続サービスを提供


掲載日:2005/10/28


News

 株式会社ビットアイルは、同社のインターネットデータセンターの利用者を対象に、インターネット通信における帯域の最低保証(10%)を行なった共用型インターネット接続サービスを、11月1日より提供する。価格は、月額利用料が12万円からとなっている。

 今回提供される帯域10%保証の共用型インターネット接続サービスでは、トラフィックピーク時を想定し、10%の帯域を確保することで、契約者が提供しているコンテンツサービスやサイトに及ぼす影響を軽減し、安定的にコンテンツサービスを提供することができる。また、バックボーンネットワーク環境を増強/更新するなど、インターネット通信の安定性などの向上が行なわれている。共用帯域は、10Mbps、100Mbps、1000Mbpsが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額利用料:120,000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

System Center 2012 【日本マイクロソフト】 ハイブリッドクラウド時代のデータ管理、複雑な環境を効率化するポイント 【ネットワンシステムズ株式会社】 オンプレミスのデータセンターに従量制ITモデルを実装すると何が変わるのか? 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイブリッド化してもダウンタイムが減らない、その原因はローカルにあり 【シュナイダーエレクトリック】 IT環境に付き物の課題を解決し、ハイブリッドIT移行を実現する「4つの指針」 【日本ヒューレット・パッカード】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 ハイブリッドクラウド運用の肝、モビリティを高めるデータ管理法 オンプレミスのデータセンターに従量制ITモデルを実装すると何が変わるのか? ハイブリッド化してもダウンタイムが減らない、その原因はローカルにあり IT環境に付き物の課題を解決し、ハイブリッドIT移行を実現する「4つの指針」

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012401


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ