セキュアード、「Salesforce」用の指紋認証USBキーを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セキュアード、「Salesforce」用の指紋認証USBキーを出荷


掲載日:2005/10/28


News

 株式会社セキュアード・コミュニケーションズは、指紋認証による同社のワンタイムID双方向認証技術“SKIP9”を使うことで、「Salesforce」へのアクセスでセキュリティを向上できる「SKIP9 for Salesforce」を、11月8日より出荷する。価格は、初期サーバー費用が26万2500円、月額利用料が1ユーザー2100円(いずれも税込)となっている。

 「SKIP9 for Salesforce」は、USBをPCに挿入し、指紋認証することで「Salesforce」にログインできるUSBキー。ワンタイムID生成のアプリケーションと“SKIP9”の認証鍵が指紋認証USBメモリーの中に格納されており、ユーザーのインストールは不要となっている。さらに「Salesforce」のログイン情報であるID/パスワードを暗号化して格納したことで、認証情報の設定が行なわれた指紋認証USBキーで「Salesforce」に自動ログインすることができる。“SKIP9”認証サーバーを社内に設置し、アクセス制御や認証ログ取得などを一括して集中管理することもできる。


出荷日・発売日 2005年11月8日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 NeoFace Monitor 【NEC】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012392


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ