新技術:NTT、計算/通信コストの低い秘密計算技術を開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


新技術:NTT、計算/通信コストの低い秘密計算技術を開発


掲載日:2005/10/26


News

 日本電信電話株式会社は、秘密計算アルゴリズムを開発し、これをNTTの持つ暗号実装技術によって実装/評価し、安全性が保障された秘密計算技術において実用水準の性能が見込めると、発表した。

 NTTでは今回、入力データや演算ロジックを暗号化したままで任意の計算を可能にする、計算コスト/通信コストの小さい秘密計算アルゴリズムを開発し、同社の暗号実装技術で実装し、基本処理に要する時間を測定した。その結果、VPNなど相互認証を必要とする暗号通信を、耐タンパハードウエアなしにソフトウエアだけで行なうことや、アンケートや医療情報処理などにおいて暗号化された機微情報を扱う際、復号せずに集計するシステムの構築が実現可能であると、発表した。

 同技術を用いることで、業務上機密性が要求される計算や、アンケートで個々の結果は漏えいさせないことなど、計算処理や集計処理の安全性を高めることができる。認証プログラムが暗号化された状態で実行される、ソフトウェアのみでの認証トークンなども想定されている。また、演算時に複数の参加者の協力を必要とし、各参加者には分散された秘密鍵が与えられることで、一定数以上の参加者が不正に結託しない限り入力データやロジックを解析できない“マルチパーティプロトコル”により、安全な秘密計算を実現することができる。

 NTTでは、秘密計算技術を適用したアプリケーションについて3年後の商用開発を目指している。今後改良を重ね、暗号化されたデータベースに対する検索/データマイニングなどの処理や、電子透かしなどの知的財産保護アプリケーションへの適用を目指す。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【AllthatSoft Japan】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。 DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012363


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ