アイエニウェアなど、RFIDシステムの開発者向けプログラムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイエニウェアなど、RFIDシステムの開発者向けプログラムを発売


掲載日:2005/10/26


News

 アイエニウェア・ソリューションズ株式会社は、米アイエニウェア・ソリューションズが開発したRFIDシステム構築のためのミドルウエア「RFID Anywhere 2.0」の開発者向けプログラムを、11月8日よりサイベース株式会社から発売する。価格は、開発ライセンス、2日間のトレーニング、製品保守サポート込みで154万円となっている。

 「RFID Anywhere」は、バーコードリーダーやプリンタなどのRFID機器を抽象化し、収集されるデータを直接管理できるミドルウエア。さまざまな機器に対応するインターフェースが用意され、追加可能なハードウエアコネクタライブラリにより幅広いハードウエアに対応したアプリケーションを開発することができる。必要な環境参照をすべて含んだC#シェルコードを自動生成する拡張機能や、Visual Studio .NETに完全統合されたフレームワークにより、開発者はコアのビジネスロジックに専念することができる。

 企業システムと接続するためのSOAP/UDPなどメッセージングシステムに対応し、RFIDデータを統合する際、既存の企業システムの基礎からの変更は不要となっている。また、CIM/LDAP/SNMPインターフェースを使用し、システムやネットワーク管理コンソールなどと統合することができる。RFIDネットワークのエッジでデータ収集とフィルタリングを実施し、必要な情報をコア側の企業システムに送信できるため、RFIDソリューションのコンポーネント間の送信データ量を制御することができる。


出荷日・発売日 2005年11月8日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】 「働き方改革」のせいで“1人情シス”の仕事が増加? 悲劇を招かない方法とは 【JBサービス+他】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? どんなIT製品/サービスも「導入したら終わり」ではない。「導入後の運用をどうするか」という点も考慮すれば、おのずと選ぶべき手段は見えてくる。 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012351


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ