JMS、20拠点で同時双方向通信可能なテレビ会議システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JMS、20拠点で同時双方向通信可能なテレビ会議システムを発売


掲載日:2005/10/26


News

 ジャパンメディアシステム株式会社は、インターネットテレビ会議システム「Live On」の新バージョン「Ver2.00」を、発売した。

 「Live On Ver2.00」は、Internet Explorer上で動作し、ブラウザでURLにアクセスすることで容易に使用できるインターネットテレビ会議システム。音声と映像の送受信のトラフィックを常に監視し、自動的に適切なデータ量を検出して通信を行なうことで、質の高い映像と音声を実現している。他のユーザーとファイルを共有できる資料共有機能やホワイトボード機能、会議開催メール機能、録音録画機能などの機能を搭載している。操作性に優れたユーザーインターフェイスを実現し、会議でよく使う機能は大きなアイコンで表示している。ユーザーのニーズに合わせて、価格を抑えた「ASP版」と、ユーザーのネットワーク内にサーバーを構築する「イントラパック版」が用意されている。

 今回のバージョンでは、最大同時20拠点での双方向の通信が可能となり、参加拠点数に応じて10/15/20拠点用の会議室を作成することができる。音声サンプリングレートは8KHzから最大32KHzまで設定可能となっている。音声受信状況の表示や個別音声オン/オフ機能、ホワイトボードの描画図形回転/拡大/縮小機能が追加されている。


出荷日・発売日 2005年10月25日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み 【ポリコムジャパン】 驚きの“ビデオ会議”活用法、多彩なビデオ会議ソリューション 【ポリコムジャパン】 SVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】 少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 【ポリコムジャパン】 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは 【ポリコムジャパン株式会社】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み 「ビデオ会議は会議室で使うもの」……その考えはもう古いかもしれない。ビデオ会議は会議室を飛び出し、思いも寄らない使い方をされている。そのエピソードを見ていこう。 「Skype」「YouTubeLive」とも連携、進化したテレビ会議システムの活用法は? 少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012344


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ