事例:日本製紙が人事システムに「PeopleSoft HCM」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:日本製紙が人事システムに「PeopleSoft HCM」を導入


掲載日:2005/10/25


News

 日本ピープルソフト株式会社は、日本製紙株式会社が人事システムに「PeopleSoft Enterpriseヒューマンキャピタルマネジメント」(PeopleSoft HCM)を採用し、2002年から2004年にかけて段階的に本番稼働を開始したと、発表した。

 日本製紙は、1993年に山陽国策パルプと十條製紙の合併によって誕生し、2001年の大昭和製紙との事業統合、2003年の日本板紙(現:日本大昭和板紙)を含めた洋紙/板紙事業再編と、大規模な合併と事業再編を行ってきた。こうした背景により、合併や再編の都度、人事制度を統一しソフトウエアを追加してきたため、人事システムが複雑化しており、コスト効率が低下していた。さらに、全国9ヵ所の従業員約8100名の人事情報を横断的に把握することに対し、既存システムに限界が来ていた。

 また、業界のグローバル化に伴い、事業戦略の抜本的な改革も急務となっていた。制度をシステムに合わせるのではなく、システムを自社の思想に対応させるという方針のもと、2000年より数種類のパッケージソフトを検討してきた。その結果、制度変更に柔軟に対応できる適応力の高さが評価され、「PeopleSoft HCM」の採用に至った。同製品は、その人材開発のコア機能であるコンピテンシー管理により、従業員のスキル把握とそれに基づいた人材育成/適正配置などを支援しているほか、各工場の人事システムを同製品に集約したことで、全社にわたり人事業務を効率化した。同社では現在、コンピテンシー情報や人材公募機能の活用拡大を検討しているほか、将来的には子会社/関連会社の給与計算事務代行を手がかりに、シェアードサービスセンター化も検討している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】 人事統合システム「ADPS」 (人事・給与・就業・申請) 【カシオヒューマンシステムズ】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 タレントマネジメントサービス 「CYDAS HR Platform」 【ソフトバンク コマース&サービス】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。 「分かりやすく、シンプルに」をコンセプトに、企業のあらゆる人事業務を、より効率的かつ的確にサポートするパッケージシステム。 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 人材の才能を引き出す、最先端のタレントマネジメント機能を搭載したクラウドベースの人材プラットフォーム。人材や組織のデータを蓄積・分析・予測し、人事戦略へ活かす。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012332


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ