日本ベリサイン、2要素認証を利用した認証ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ベリサイン、2要素認証を利用した認証ソリューションを提供


掲載日:2005/10/25


News

 日本ベリサイン株式会社は、ICカード/トークン/ワンタイムパスワード/電子証明書といった複数の認証手段を組み合わせて、2要素認証を利用した認証ソリューション「ベリサインユニファイドオーセンティケーション」を、11月28日より提供する。

 「ベリサインユニファイドオーセンティケーション」は、複数の認証手段をベリサインが提供するプラットフォーム上で統合するソリューション。同ソリューションでは、構成機器で使用されるプロトコルなど全てにおいてオープンな技術が用いられ、さまざまな認証管理ミドルウエアとの連携が可能となっている。企業ネットワークのユーザー認証とアクセスコントロールの規格“OATH”(Initiative for Open AuTHentication)アーキテクチャフレームワークに基づいて提供されており、HMAC-SHA1をベースにした“OATH”準拠のアルゴリズムが、ワンタイムパスワードの生成に採用されている。また、OTPトークンのアクティベーションには、管理者がユーザー情報をテキストファイル化し一括登録する方法と、トークン利用者が自らアクティベートする方式に対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

運用に負荷を与えない対策とは──NTTドコモに学ぶクラウドセキュリティの秘訣 【トレンドマイクロ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 CASBの選択・導入術──クラウドセキュリティの5大課題をまとめて解決するには 【マカフィー+他】 モバイルやSaaSを保護し、利便性も損なわない金融機関のセキュリティ戦略とは 【CA Technologies】 脱パスワードでビジネス変革を加速、機械学習やAIを活用した次世代の認証方法 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
運用に負荷を与えない対策とは──NTTドコモに学ぶクラウドセキュリティの秘訣 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 CASBの選択・導入術──クラウドセキュリティの5大課題をまとめて解決するには モバイルやSaaSを保護し、利便性も損なわない金融機関のセキュリティ戦略とは 脱パスワードでビジネス変革を加速、機械学習やAIを活用した次世代の認証方法

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012326


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ