ウィルコム、PCとの高い親和性を持つモバイル端末を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウィルコム、PCとの高い親和性を持つモバイル端末を発売


掲載日:2005/10/24


News

 株式会社ウィルコムは、マイクロソフト株式会社のモバイルデバイス向けプラットフォーム「Microsoft Windows Mobile 5.0日本語版」をOSに採用した、シャープ株式会社製のモバイルコミュニケーション端末「W-ZERO3」を、12月上旬より発売する。

 「W-ZERO3」は、3.7インチVGA(640×480ドット)モバイルASV液晶を搭載したコミュニケーションツール。通話/データ通信ができる小型無線通信モジュール「W-SIM」に対応している。OSに「Windows Mobile 5.0 for Pocket PC」を搭載し、PCで作成したExcel/Wordなどのデータ編集や、PowerPoint/PDFのデータの閲覧に対応するなど、PCとの高い親和性を実現した。CPUには省電力のインテル「PXA270」プロセッサ(416MHz)を採用し、PHS通信に加えIEEE802.11b準拠の無線LANも内蔵している。

 ウィルコムの提供するEメール/直送メールに加え、POP/SMTP対応のメールソフトの搭載によりPCのメールアドレスを利用でき、添付データの送受信も可能となっている。PCと同様の“QWERTY”配列のスライド式キーボードや、有効画素数約133万画素のデジタルカメラも搭載されている。ウィルコムの音声通話の定額サービス「ウィルコム定額プラン」やインターネット定額サービス「データ定額」への対応に加え、「W-ZERO3」の発売と同時に開始される、公衆無線LANサービスエリアでの高速データ通信が定額で利用できるオプションサービス「ウィルコム無線LANオプション」への対応も予定されている。


出荷日・発売日 2005年12月上旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他スマートデバイス関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他スマートデバイス関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他スマートデバイス関連」関連の製品

Mobile Perfect SP イベント支援 サービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 iPad向け手書き入力ツール 「7notes Pad+WC」 【ソフトバンク コマース&サービス】 業務用アプリ開発 【フェンリル】 Android Wear 2.0はApple Watchに追い付いた? 【KDDI】 KAITO セキュアブラウザ 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連
気軽に簡単にスマートフォンを活用できるクラウド型イベント支援サービス。ほかにもさまざまなサービスを揃え、自社のニーズに合わせて必要なものを利用できる。 業務で利用するiPad上のWebアプリケーションを一切変更することなく、手書き入力を可能にするツール。ストレスのない、手書きによる日本語入力を実現。 企画・UI設計・実装までワンストップで対応する業務用アプリ開発サービス。企画の前段階で必要なUXデザインやHTML5を使ったWeb、アプリ開発、サーバー連携まで対応。 Android Wear 2.0はApple Watchに追い付いた? 端末にデータを残さず、盗難や紛失などのスマートデバイス特有のリスクから自社の情報を守ることが可能なスマートフォン・タブレット用セキュリティブラウザ。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012311


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > その他スマートデバイス関連 > その他スマートデバイス関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ