マーキュリー、Webベースの統合性能管理ソリューションを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マーキュリー、Webベースの統合性能管理ソリューションを出荷


掲載日:2005/10/21


News

 マーキュリー・インタラクティブ・ジャパン株式会社は、負荷/性能検証テストのためのWebベースの統合性能管理ソリューション「Mercury Performance Center 8.1」を、出荷した。価格は、3200万円からとなっている。

 「Performance Center 8.1」は、複数の開発プロジェクトや開発拠点での負荷/性能検証テストや性能診断/分析などを、ITリソース/人的リソースの集約やデータなどの一元管理で効率的に実施するソリューション。中央の共有環境「Performance Centerサーバ」は、グローバル管理機能により、各開発拠点にある“仮想ユーザジェネレータ”や“コントローラ”を一元的に管理し、負荷/性能検証テストのスケジューリングとテストを自動的に実行する。テスト状況と結果は、“コントローラ”とプロジェクトダッシュボード「Mercury Application Delivery Dashboard」により、どこからでも確認することができる。

 「Performance Centerサーバ」のマルチプロジェクト管理/リソース管理機能により、自動テストに必要なハードウエア/ソフトウエアリソースを、各プロジェクトに効率的に割り当てられるため、プロジェクトや開発拠点ごとに重複して導入する必要がなく、コストを軽減することができる。また、オプションとして提供される、優れた分析/診断機能を持つ「Mercury Diagnostics」により、取得した結果データをもとに、問題箇所の特定と問題解決の支援を行なうことができる。


出荷日・発売日 2005年10月20日 出荷
価格 32,000,000円〜

関連キーワード

「マーキュリー・インタラクティブ・ジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012306


IT・IT製品TOP > 運用管理 > パフォーマンス診断 > パフォーマンス診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ