日本IBM、ストレージ分野における仮想化製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ストレージ分野における仮想化製品を発表


掲載日:2005/10/20


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、LinuxサーバーやUNIXサーバー、IAサーバーなどのオープンサーバー向け仮想テープ製品「IBM Virtualization Engine TS7510」を、10月28日より出荷する。

 通常のテープ装置は、書き込み/読み出し時に、テープの選択/テープのマウント/ドライブの準備などの前処理に時間がかかり、同時にアクセスできるテープの数が、物理的なテープドライブの数までという制約がある。仮想テープ装置では、これらの前処理が不要で、同時アクセス数に物理ドライブの制約もないため、通常のテープ装置に比べ高速なデータ処理が可能となっている。

 また同社は、仮想化を推進するストレージ製品として、ディスク仮想化製品「SAN Volume Controller」(SVC)の新版「SVC V3.1」の提供も予定している。「SVC V3.1」では、1000台以上のサーバー台数をサポートできるほか、キャッシュ容量が従来の2倍で、サポートするサーバーの種類が増えている。

 「TS7510」に加え、テープ装置「IBM System Storage TS3310」と「IBM System Storage TS1120」も、10月28日より出荷する。「TS3310」は、最新のLTO規格“GEN3”に対応したテープライブラリーで、拡張性の高いモジュール型製品となっており、最大49TBまでのテープデータを保管することができる。「TS1120」は、毎秒100MBのデータ転送速度や最大500GBのカートリッジ容量(いずれも非圧縮時)を実現している。価格は、「TS7510」が2744万8000円から、「TS3310」が541万5000円から、「TS1120」が584万4000円からとなっている。


出荷日・発売日 2005年10月28日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 【日本アイ・ビー・エム】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012277


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ