日本IBM、ストレージ分野における仮想化製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ストレージ分野における仮想化製品を発表


掲載日:2005/10/20


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、LinuxサーバーやUNIXサーバー、IAサーバーなどのオープンサーバー向け仮想テープ製品「IBM Virtualization Engine TS7510」を、10月28日より出荷する。

 通常のテープ装置は、書き込み/読み出し時に、テープの選択/テープのマウント/ドライブの準備などの前処理に時間がかかり、同時にアクセスできるテープの数が、物理的なテープドライブの数までという制約がある。仮想テープ装置では、これらの前処理が不要で、同時アクセス数に物理ドライブの制約もないため、通常のテープ装置に比べ高速なデータ処理が可能となっている。

 また同社は、仮想化を推進するストレージ製品として、ディスク仮想化製品「SAN Volume Controller」(SVC)の新版「SVC V3.1」の提供も予定している。「SVC V3.1」では、1000台以上のサーバー台数をサポートできるほか、キャッシュ容量が従来の2倍で、サポートするサーバーの種類が増えている。

 「TS7510」に加え、テープ装置「IBM System Storage TS3310」と「IBM System Storage TS1120」も、10月28日より出荷する。「TS3310」は、最新のLTO規格“GEN3”に対応したテープライブラリーで、拡張性の高いモジュール型製品となっており、最大49TBまでのテープデータを保管することができる。「TS1120」は、毎秒100MBのデータ転送速度や最大500GBのカートリッジ容量(いずれも非圧縮時)を実現している。価格は、「TS7510」が2744万8000円から、「TS3310」が541万5000円から、「TS1120」が584万4000円からとなっている。


出荷日・発売日 2005年10月28日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 数分で仮想マシンをリカバリー、新機能でバックアップ製品を強化 【ベリタステクノロジーズ】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 緊急時に頼るバックアップだからこそ速さと安定 Rapid Recovery 【クエスト・ソフトウェア】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 クラウド対応はもう当然? 進化したバックアップの機能に迫る アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012277


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ