富士通、ストレージアウトソーシングサービスを体系化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、ストレージアウトソーシングサービスを体系化


掲載日:2005/10/18


News

 富士通株式会社は、ストレージアウトソーシングサービスに従量課金の「お客様サイト設置型」を追加するなど、「ストレージ-LCM(ライフサイクルマネジメント)」として体系化し、提供を開始した。価格は、個別見積となっている。

 「ストレージ-LCM」では、固定課金に加え、ディスク使用量に応じたサービス費用を支払う従量課金メニューが用意されている。固定基本料金と超過変動料金を事前に設定し、変動量は1時間ごとに計測した超過分に合意単価を積算する。ストレージシステム環境は、プライマリー/ニアライン/災害バックアップなどの用途に応じ、同社データセンター設置型と「お客様サイト設置型」の両形態から選択することができる。

 ハードウエア/ソフトウエアの提供から、運用/保守、データ移行、ディスク内データ管理まで、ストレージシステムのライフサイクル全般にわたるサービスを、データ暗号化/アクセス制御/バックアップ運用/データ消去などの付加価値サービスとあわせてワンストップで提供する。同サービスには、同社のストレージシステム「ETERNUS」や、システム最適化機能を備えた統合管理ソフトウエア「Systemwalker」、富士通研究所と共同開発した高信頼ストレージ自律制御技術など、同社のIT基盤「TRIOLE」を構成する技術を活用している。さらに、SAN/NAS/テープライブラリー/アーカイブストレージなど、データの重要度に合わせて適切なストレージで保存する“ILM”(Information Lifecycle Management)の観点から、適切なプラットフォームを選定することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Arcserve Unified Data Protection 【Arcserve Japan】 クラウド対応バックアップ製品で物理・仮想環境を一元管理 【ベリタステクノロジーズ】 徹底調査:今後3年で中小企業のデータ管理体制はどう変わる? 【ベリタステクノロジーズ】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは? 3ステップで簡単設定可能 バックアップ運用負荷を圧倒的に削減 【ITキーマン 906人に聞いた!】今やるべき”データ保護”とは クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012243


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ