エントラスト、VPN機器と連携できるマトリクス認証製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エントラスト、VPN機器と連携できるマトリクス認証製品を出荷


掲載日:2005/10/18


News

 エントラストジャパン株式会社は、VPNリモートアクセス認証が可能となったマトリクス認証製品の新版「Entrust IdentityGuard 7.2」を、出荷した。

 「Entrust IdentityGuard」は、ユーザー毎に異なる乱数表を配布し、行/列で指定された乱数表上の英数字をサーバーに送ることでログイン認証を行なうソフトウエア。ID/パスワードという“知っていること”と、乱数表という“持っているもの”の2要素を組み合わせることで、ハードトークンに比べ、容易な運用で安価にログイン認証を強化することができる。乱数表上の英数字の組み合わせは天文学的な数字で、要求される行/列が認証の度に変わる“ワンタイム”のため、キーロガーによるID盗難対策にもなる。

 今回の新版では、Radiusのプロキシサーバーとして稼働可能となったことで、VPNリモートアクセス認証との連携が可能となった。検証済みのVPN機器は、IPSec対応機器が「Cisco VPN 3000 Series Concentrator 4.7」と「Nortel VPN Router CES1700D(Contivity)V05_05.117」、SSL-VPN対応機器が「F5 Networks FirePass 1000 V5.4.1」と「Juniper Secure Access IVE4.2 R2 SSL VPN」で、基本的にRadius認証をサポートする認証機器であれば連携することができる。また、「Oracle 9i」と「IBM DB2 V8.2」をリポジトリに追加サポートした。同社のWebシングルサインオン製品「Entrust GetAccess」と連携することで、Webシステムの認証を強化することもできる。


出荷日・発売日 2005年10月14日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

手のひら静脈認証ソリューション BioPassport 【NTTテクノクロス】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 SaaSアプリケーション活用時のリスクを解消するアクセス制御の最適解とは? 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
端末のカメラで高精度な静脈認証を実現。認証装置、認証用サーバは不要。導入の負担がなく、今すぐにWindowsログオン認証の強度を高める生体認証ソリューション。 スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 SaaSアプリケーション活用時のリスクを解消するアクセス制御の最適解とは? ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012229


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ