事例:ビーコンITのETLツールを塩野義製薬がERP連携に採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:ビーコンITのETLツールを塩野義製薬がERP連携に採用


掲載日:2005/10/13


News

 株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジーは、同社が開発/販売するETL(Extract Transform Loading)ツール「Waha! Transformer」が塩野義製薬株式会社のERP連携に導入されたと、発表した。

 塩野義製薬は、2000年から全社的に業務/情報システムの見直しと再構築を推進し、全社情報化計画に基づきBPRと脱ホスト化が決定され、ERPパッケージを選択した。2004年6月よりホストコンピュータを撤去するスケジュールを立てて順次移行していったが、各システム間のデータ連携が複雑化し、システム間ごとにデータ提供元が提供先のニーズに応じて編集/変換/加工するためのプログラムが必要となり、その開発コストの発生が課題となっていた。

 システムの移行に伴い、データの処理内容が複雑になったため、「HULFT」や「JP/1」と連携し、全ての計画完了後の一元的な管理を視野に入れたハブ機能の可能性が検討されていた。データの編集機能を備え1ヵ所で集中処理できることや、データ連携の簡素化/工数削減/運用負荷の軽減を実現するツールとして、ETLツールが検討された。「Waha! Transformer」は、短時間で導入でき、短期間での開発による工数削減と製品コストの低減が可能な点や、保守時の操作性に優れ保守費用が軽減できる点、導入実績とサポート面の評価から、今回の採用に至った。

 今回の導入によって、既に導入されていた製品と比べ社内開発工数が3分の1となり、2500万円のコスト削減を実現した。同製品のGUIによるプログラムレス開発により、会計/人事/物流/営業支援関連で稼働している計72本のジョブを、2日間のオンサイト教育により全て社内で開発することが可能となった。また、バイナリファイルを必要な時に参照できる機能を利用し、テープ保管/変換作業/変換装置のコスト削減も実現した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ETL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

「ETL」関連の製品

データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】 HULFT IoT 【セゾン情報システムズ】 BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】
ETL ETL ETL
優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。 IoTデバイスからのデータ転送を実現するソリューション。データ送達保証、暗号化、アプリケーション連携などの機能を揃え、ミッションクリティカルな領域でのIoT活用を支援 SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012181


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ