日本HP、ブレードサーバーソリューションの新製品戦略を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ブレードサーバーソリューションの新製品戦略を発表


掲載日:2005/10/12


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、大企業のサーバー統合の加速を図るブレードサーバーソリューション「HP BladeSystem」の新戦略を発表し、新製品/新サービスなどを、順次提供する。

 今回の新戦略は、ブレードサーバーの“仮想化技術を利用したサーバー統合に最適なプラットフォーム”という側面を強調したもの。同戦略の一環として、「HP Systems InsightManager」(HP SIM)の仮想マシン管理用プラグインソフトウエアを包括し、仮想化技術の活用を支援する新たなソリューションコンセプト「HP ProLiantEssentials Virtualization Management Software(VMS)」として販売する。新製品として、仮想化への移行の工数削減を実現するソフトウエア「HP ProLiant Essentials Server Migration Pack(SMP)」が11月上旬より出荷されるほか、発売中の、仮想マシン管理の一元管理を実現するソフトウエア「HP ProLiant Essentials Virtual Machine Management Pack(VMM)」に新機能が追加される。

 また、従来は個別見積で実施してきた「HP BladeSystem」初期導入関連サービスのうち、需要が高いものを定型サービスとしてメニュー化する。システムの要件定義から設計/導入までを一貫してHPのコンサルタントが実施する「HP BladeSystem Optimizedエクスプレスサービス」の受注を開始したほか、計3つのサービスを開始する。さらに、“Serial Attached Storage”(SAS)に対応したブレードサーバー「HP ProLiant BL35p SASモデル」を発売するほか、ブレードサーバーについて最大32%の価格改定を実施する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本HP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012169


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ