日本ベリサインなど、SSL特化のWebサイト運用監視サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ベリサインなど、SSL特化のWebサイト運用監視サービスを提供


掲載日:2005/10/12


News

 日本ベリサイン株式会社とサイトロック株式会社は、SSL暗号化通信に特化したWebサイト運用監視サービス「SiteCare for SSL」を、10月19日より提供する。価格は、初期設定費用が6万7200円、年間費用が8万8200円(いずれも税込)となっている。

 「SiteCare for SSL」は、インターネット経由でHTTPSポートのサービス稼働状況やレスポンスの24時間有人監視を行なうサービス。障害の早期通知により迅速な障害対応が可能となる。リモートオペレーションセンター“ROC”(Reliability Operations Center)のオペレータによる1次切り分けにより、突発的な問題や経路障害などの緊急度判別を行ない、必要な情報だけを企業の運用担当者に電話/メールで通知する。電話/メールは2件まで指定することができる。また、通常の環境であれば、ユーザー企業側の設定を必要とせずに利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 初期設定費用:67,200円/年間費用:88,200円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

DiskDeleter 【ホワイトポイント】 Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
廃棄・譲渡したPCからの情報漏えいが多発、データを完全消去する際の注意点は? 鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012162


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ