日本ベリサインなど、SSL特化のWebサイト運用監視サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ベリサインなど、SSL特化のWebサイト運用監視サービスを提供


掲載日:2005/10/12


News

 日本ベリサイン株式会社とサイトロック株式会社は、SSL暗号化通信に特化したWebサイト運用監視サービス「SiteCare for SSL」を、10月19日より提供する。価格は、初期設定費用が6万7200円、年間費用が8万8200円(いずれも税込)となっている。

 「SiteCare for SSL」は、インターネット経由でHTTPSポートのサービス稼働状況やレスポンスの24時間有人監視を行なうサービス。障害の早期通知により迅速な障害対応が可能となる。リモートオペレーションセンター“ROC”(Reliability Operations Center)のオペレータによる1次切り分けにより、突発的な問題や経路障害などの緊急度判別を行ない、必要な情報だけを企業の運用担当者に電話/メールで通知する。電話/メールは2件まで指定することができる。また、通常の環境であれば、ユーザー企業側の設定を必要とせずに利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 初期設定費用:67,200円/年間費用:88,200円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012162


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ