マイクロソフト、ディスクベースのバックアップソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロソフト、ディスクベースのバックアップソフトを発売


掲載日:2005/10/12


News

 マイクロソフト株式会社は、ディスクベースのバックアップソフトウエア「Microsoft System Center Data Protection Manager 2006」(DPM)を、発売した。パッケージ版に加え、ボリュームライセンスプログラムも提供が開始され、ハードウエアにプリインストールされた製品もOEMメーカーから提供される。

 「DPM」は、同社がWindows Server 2003で培ったストレージ/バックアップ技術を拡張したソフトウエア。バイト単位の変更部分のみをログに記録して複製するため、運用中のファイルサーバーのパフォーマンスを低下させずにバックアップを高速化することができる。Windows Server 2003の機能“ボリュームシャドーコピーサービス”(VSS)を拡張した技術により、帯域幅を節約しながら、各ファイルサーバー上のデータをバックアップし、最大64世代までのシャドーコピーを取ることができる。

 Active Directoryとの連携により、ユーザーグループごとに柔軟に復旧作業を分担させることができ、人が介在せざるを得ない復旧作業はエンドユーザーなどに委任することができる。「DPM」はWindows XPやOffice 2003と統合されており、エクスプローラー画面から、以前のバージョンのファイルをコピーすることで容易にエンドユーザー自身が復元することができる。


出荷日・発売日 2005年10月7日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 急増するデータが招く可用性低下 5つの課題を解消する方法とは 【Veeam Software japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 激増するデータのバックアップ 「早い・安い・便利」な解決策

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012161


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ